美容外科看護師の求人の見つけ方

看護師の働き方にはさまざまなものがあります。 個人経営などのクリニックで働くにしても、日勤のみのところと夜勤もあるところ、肉体労働が多いところと少ないところ、休みが取りやすいところとそうでないところなどです。

これが病院となると、仕事の内容、時間帯、夜勤の有無や頻度、休みの取りやすさ、研修や出張の有無など、働く場所の数だけ働き方の種類があるといっても過言ではありません。 その中で、自分に合わない環境を変えたい、よりよい環境、待遇を求めて転職を模索している人も多いでしょう。

看護師の求人の見つけ方にはいくつかの方法があります。 もっとも一般的で、公的なものがハローワークです。 公的な機関の情報ですから、安心感もありますし、無料で利用できるというメリットも魅力的と言えるでしょう。

一方で、ハローワークで出されている求人には、仕事内容の詳細がわからないことが多いです。 実際に面接などの段階まで進まないと、求人先の情報すら入ってこないこともあります。

転職活動は時間も労力もかかることなので、できるならばシンプルかつ確実に進めたいですよね。 せっかく時間をかけて、求人情報を見つけても、いざ面接の段階で希望の就職先でなかったことがわかるなんてことは避けたいでしょう。

ハローワークには記載されていない情報、もしくはハローワークに出てすらいない求人を見つけるならば、看護師専用の転職サイトを利用することをおすすめします。

看護師専用の転職サイト、就職サイトであれば、看護師の求人に特化しているので、無駄な情報に時間を取られることはありません。 また、看護師だからこそ知りたい詳しい情報が記載されていることも多いです。

看護師専用の転職サイトであれば求人情報だけでなく、転職活動のヒントになるような情報も満載なので、何から始めればいいかという人も使いやすいでしょう。 登録、利用は無料というところが多いので、看護師の転職や就職に興味のある人は、まず登録だけしてみるのもいいですよ。

仕事が決まらない人の特徴

看護師はその他の職業に比べると求人情報が多く、転職をしやすい職種だと言われることがあります。 ですが、そのような職種でありながら転職活動が長引いたり、採用が決まらないという方もいるようです。

その理由として挙げられることはなんなのでしょうか。

まず、職場に求める条件が多すぎる人の場合、採用する側も慎重になってしまいます。あれこれ条件をつけてくる人は採用したあとも口うるさい可能性がありますよね。

この人を採用するとあとあと面倒そうだなと思われてしまうと面接で落とされてしまう可能性が高くなるので、条件をつけすぎないようにしましょう。

もちろん、絶対に譲れない条件がある場合はそれをクリアしている職場を選ぶ必要がありますが、条件は多くても2つまでに抑えておきましょう。

逆に何も条件をつけずに職場探しをしてしまうと、どこが自分に合っているのか判断しにくくなるので、1~2つの条件を考えたうえで職場探しをするといいですね。

次に、一つの職場での勤続年数が短いという方もなかなか就職が決まりにくいです。特にキャリアが10年以上あるのに一つの職場での平均在籍期間が3年未満の人は採用してもらうのが難しくなります。

面接官からすれば、採用してもすぐに辞められてしまうのではないかと不安に感じてしまうわけです。 一つの職場が長く続かないということは何らかの理由があるのではないかと疑われてしまうので、できるだけ転職回数を増やさないようにしましょう。

あまりにも転職を繰り返してしまうと最終的にどこに面接に行っても採用してもらえないという状況になってしまうかもしれません。

最後に、あまりにも慎重に職場を選びすぎてしまうために面接にすらいかないという人もいるようです。 こういった人は当然ながら仕事が決まりませんよね。

面接に行かなければ仕事が決まることはないわけなので、積極的に面接を受けてみましょう。 実際に面接に行って雰囲気と違ったということであれば他の職場を探せばいいわけなので、面接自体をためらってしまうと時間だけが過ぎてしまいます。

履歴書に関する疑問

看護師の転職活動をしている際に、迷ってしまうことが多いものといえば履歴書です。 特に転職をするのが初めてという方はどのようなことに注意して履歴書を書けばいいのかが分からず、苦戦してしまうのではないでしょうか。

そこで、看護師が履歴書を書く際につまずいてしまいがちな点をご紹介します。

まず、働き始めてみたら想像していたのとは違ったなどの理由から1ヶ月ほどで仕事を辞めてしまった経験がある人もいるでしょう。このように非常に短期間で仕事を辞めてしまった場合、その職場も履歴書に書くべきなのか疑問に思っている方もいるはず。

これは、例え非常に短い期間しか在籍していなかったとしても省略することなく書いたほうがいいです。 ただ、その職場が長続きしなかった理由をあれこれ述べてしまうと言い訳のように感じられてしまうため、退職理由については「一身上の都合により退職」のように簡潔に書いておきましょう。

面接でも質問されるかもしれませんが、この時に病院側の文句や待遇の悪さを伝えるのは印象がよくありません。

次に、特技の欄がある履歴書の場合、何を書けばいいのか迷ってしまう人もいるはず。これは仕事と全く関係がないものを書いたとしてもプラス評価にはならないので、何か関係のあることを書きましょう。

例えば、人とすぐに仲良くなることができると書けば患者さんとのコミュニケーション能力が高いことをアピールできますよね。他にも、英会話やパソコンといった仕事に役立てられそうなものがあれば書いておきましょう。

最後に、履歴書はどのような方法で送ればいいのかということについてですが、これは求人元の人事担当者にどちらがいいか確認しておくのが確実です。どちらでもいいと言われた場合は自分の都合がいいほうを選択しましょう。

注意しなければならないこととして、パソコンで作成した履歴書をメールで送る場合、ワードやエクセルのバージョンが違うと開けない場合があるので、データをPDF化したものを送ったほうがいいです。

不安がある場合は転職支援サイトに登録し、履歴書の書き方を相談しながら作成するといいですね。

ページの先頭へ