地域包括支援センターに勤務する看護師の役割

看護師の中には、地域包括支援センターで働いている人もいます。 地域包括支援センターというのは何をする所かというと、地域住民のために 医療や福祉、介護予防などを総合的に支援する機関なのです。

もっと簡単に言えば、高齢者が介護状態になる前に予防したり、相談の 窓口となってくれる機関です。 介護保険など、高齢者を介護する仕組みは徐々に整ってきていますが、 今後本格的な高齢化社会を迎えるにあたり、予防の大切さも叫ばれるように なってきました。

今までは若い世代が高齢者の介護を支えてきましたが、この先高齢化が もっと進むと、従来通りにはいかなくなります。 最近では高齢になった親の方も、子供達に迷惑をかけたくないため 介護を断り自力でなんとかしようと考えるケースも多いようです。

こうした時代の変化に適応するためにも、地域包括支援センターは 重要な役割を果たすことになります。 この機関で看護師が働く場合、医療に関する知識を支援に役立てる ことができます。

地域包括支援センターで働く場合、日中の勤務になるため夜勤がありませんし、 求人によってはパート勤務を募集している場合もあります。 病棟で働くよりも、勤務体制が楽だと感じることも多いようです。

また給与の面でも、病棟勤務より高い場合もありますから、あえて 地域包括支援センターで働くことを希望する看護師もいます。

ただ、今のところ全国各地にこうしたセンターがあるわけではなく、 関東圏を中心に設置されているので、勤務を希望する場合は 注意が必要です。

誰でも高齢者になるとある程度は体力の低下を感じ、やがて日常生活が 困難になる可能性があります。 なるべく介護する人に負担をかけないように、本人が気を付けて 予防することはとても大切です。

看護師としての知識や経験があれば、介護予防に関するプランニングを 行ったりする際も、十分に能力を発揮することができるでしょう。 今後ますます地域包括支援センターの役割は重要になっていくため、 そこで働く看護師にも活躍が求められます。

ページの先頭へ