がん看護専門看護師の役割

専門看護師が専門とする分野はいくつかありますが、その中でも がん看護専門看護師についてここでは取り上げてみます。 現代はがんにかかる人が増加し、もう珍しい病気ではなくなりました。

以前はがんという深刻な病気というイメージが先行していましたが、 医療の発達とともにそれも変わってきています。

がんは人体のあらゆる所に発生しますが、発見された時の状況などから その進行はさまざまです。 早期発見で治る人もいますし、残念ながら末期で治療が不可能という こともあります。

がん看護専門看護師という資格があることからも、この病気が看護するうえで とても専門的な知識を必要とすることが分かります。 以前は本人にがんを告知しないことが多かった時代もありますが、 最近ではがんは治る病気と位置づけられ、告知されることも増えています。

それでも実際にがんになってしまうと、本人も家族もそのショックは大きく、 告知されてからの落ち込みがひどくなってしまう人もいます。

治療して治る見込みのある状態なら、前向きな気持ちで治療を受けた方が いいですから、本人が気持ちを切り替えたり、周りがサポートすることが 大きな力となります。

がん看護専門看護師も、がんの病状だけではなく患者の精神状態にまで 踏み込んでサポートしなければなりません。 事務的な看護をするのではなく、患者の気持ちを汲み取って精神的な ケアもする必要があるのです。

がん看護専門看護師はがんについての高度な知識を持っていることは もちろんですが、患者の気持ちを受け止められるよう、精神的にも 強くなければつとまりません。

弱気になっている患者を時には励まし、時には優しく寄り添うように接することで、 患者は治療にも前向きな気持ちになっていくことでしょう。

がんの治療が功を奏して無事に退院していく人も多いですし、 患者が生きている喜びにひたる姿を見るのは感動的です。 がん看護専門看護師ならではの喜びもきっと見いだせるでしょう。

ページの先頭へ